後遺症と後遺障害

 

先日、行政書士の方と

交通事故の件で話をしている時に

後遺障害の話になりました。

 

交通事故による症状が

ある程度治療をしても完全に取れずに

残ることを後遺症といいます

 

ツッパリ感や痛みなどがよくあるのですが

それらのうち交通事故が原因である事が

医学的に証明されるとともに

労働能力の低下(あるいは喪失)が認められ

さらにその程度が自賠責保険の等級に

該当するものを、後遺障害と言います

 

病院や整骨院などで半年くらい

治療をしても症状が取れずに

さらに続けて治療をしても

改善が見込めない場合に

後遺障害認定の申請することが出来ます

 

ただし、違和感がある、痛い

という自覚症状だけでは

なかなか申請は通りません

ドクターの診断書であったり

レントゲン・MRIの画像であったりと

証拠が必要になってきます

 

後遺障害として認定されると

障害の重さ(等級)によって

損害賠償金を受け取ることになります

お金で解決?

と思われるかもしれませんが

これ以上治療しても改善できずに

症状が残っていることに対しては

最終的にはお金でしか賠償出来ない

という事です

ここで賠償金を受け取ると

そのお金を原資として

痛みに対する継続的な治療を

さらに受けることができる

という考え方もあります

 

この症状の中で

われわれが見逃してしまいがちなものに

「耳鳴り」があります

 

患者様から時々耳鳴りの症状を

訴えられることがあります

病院でもドクターにちゃんと

伝えてくださいね、と言っています

そして耳鳴りは整形外科ではなく

耳鼻科の受診が必要になります

 

最終的に耳鳴りが症状として残った場合

後遺障害認定の申請ができます

しかし、早い段階での耳鼻科の受診が

必要になりますので

われわれ整骨院も見逃さないよう

注意しなければなりません

 

あなたも事故に遭って

耳鳴りが気になるようでしたら

早めに担当の先生に伝えるように

覚えておいてくださいね

 

 

 

交通事故治療 むち打ち 自賠責保険

任意保険 追突 過失割合 転院

慰謝料 休業補償 被害者請求

治療 整骨院 けが 痛み

長崎市 西浦上 昭和町

交通事故でお悩みの方は

みやび整骨院へご相談を!

Comments are closed.