Archive for 7月, 2013

新極真空手

月曜日, 7月 22nd, 2013

 

長崎に暑い夏がやってきました

 

第30回オープントーナメント長崎県空手道選手権大会です

 

 

 

この大会は長崎県のナンバーワンを決定する大会

わたしも現役の時は毎年この大会に出場していました

 

現役を引退して、現在は救護トレーナーとして

選手のテーピングやケガの応急処置などをしています

  

極真空手というのは、素手素足で殴り合いけり合い

相手を倒すという競技です

 

    写真を撮るタイミングが超ヘタです

 

もちろん思いっきり突いたり蹴ったりするので

ケガはしょっちゅうです

わたしも当時はよく怪我もしましたが

いつも、こんなもんだろうと思ってやっていました

 

今大会でも白熱した好試合が続きましたが

負傷者もでます

 

       ドクターは3人体制です

 

 試合が終わって足を引きずりながら

スネやひざ、太もも、こぶしをパンパンに腫らして

救護コーナーへやってきます

 

 

     選手はベスト8に入ったら

     試し割りと言って、厚さ2cmの杉板を

     正拳、ひじ、手刀、足刀の4種目で

     何枚割れるかを競います

     これはのちに判定の際の基準になります

     

 

次の試合が控えている選手はとりあえず

アイシングくらいしかできません

選手は試合ごとに満身創痍で勝ちあがっていきます

でも、極真の選手はあまり痛がったりしないことが多いです

 

痛いのは当たり前! 人に言うようなことではない

と、感じているんです

わたしもそうでした

痛いといった時点で、自分に言い訳をしてしまって

負ける準備をしているようで嫌でした

  

わたしは現役の時は師範をはじめ、先輩方や道場生の仲間や

多くの人に支えられて空手を続けることが出来ました

 

現役を引退した今、多くの人に受けた恩を返さなければならないと

いつも感じています

 

本当だったらこの極真空手に恩を返せればいいのですが

現在は、仕事の関係でほとんど道場の方には行けず

このように、大会の時だけお手伝いをさせてもらっています

 

その代わりといっては変ですが

現在関わっているスポーツ

水泳、体操競技に空手時代の恩を返しているのかなと思います

 

人はみな、お世話になる時期と

世話をする時期が来るのです

 

わたしみたいにたくさんお世話になったものは

一生をかけてたくさん返していかなければならないです

 

今回の大会でも、多くの先輩や道場生たちと

久しぶりに会って、大会を成功させるという同じ目的のために

一生懸命に頑張っている姿を見て

あ〜、やっぱり自分の原点はここにあるんだな!

と感じました

 

私は極真空手から実に多くのことを学びました

30歳代後半に仕事を失ったときも

40歳から専門学校に行って

国家試験の勉強をしたときも

たぶん極真空手の経験があったから

普通に乗り切れたのだと思います

 

肉体的な強さでは勝負できませんが

精神的な強さでこれからも頑張っていきます

 

いよいよ水泳の県中、体操インターハイ、水泳インターハイと

大きな大会が続いていきます

精一杯のサポートをしていきたいと思います

番外編 博多の暑い夏

火曜日, 7月 16th, 2013

 

今回の博多は7月13日、14日、15日の3日間の滞在でした

水泳の事しか頭になかったのですが

1日目の競技が終わって博多の宿に向かってみると

街の中は、はっぴを着た男たちで賑わっていました

 

そうです 博多はまさに祇園博多山笠一色だったのです!

ふんどし姿の男たちがみこしを担いで

街を走り回る祭りです

 

 

     この山笠が普通の祭りの山車に相当するものです

    「流」ごとの山笠の違いも見ものです

 

この山笠を男たちが担いで

もの凄いスピードで走り去っていきます

ちょうど目の前を通って角を回ったので

角を回ったところで写真を撮ろうとおもって

歩いて角を回って先を見たら

もうはるかかなたに山笠が去って行っていました

あんなに速く移動するとは思わなかったです

 

アーケードを抜けたあたりで待っていると

また次の山笠がやってきました

これは角で待ち構えてみることが出来ました

 

 

 

正面からやってきて

直角の角をうまく回って

アーケードの方に走り去っていきます

 

そして、その後を多くの人が一緒に走って

一緒について行きます

彼らはみなふんどし姿なので

後ろから見たら

たくさんのおしりが走り去っています

博多の夏は暑い!!

 

 

 

夕食を食べようと街に繰り出したのですが

博多の町は焼き鳥屋、もつ鍋屋がやたらと多いです

昼間に汗をかきすぎて少々バテ気味だったので

あっさりしたものが食べたくて

そういうお店を探していたのですが

なかなか見つかりません

 

そのうちに中州の川沿いにたどり着きました

するとそこには屋台の行列が所せましと並んでいます

 

長崎の屋台と違って

ラーメンはもとより、串焼き、ホルモン、ステーキ、おでんと

居酒屋のような品揃え

私にとっては非常に魅力的に見えるのですが

この時ばかりはさすがに冷房の入った空間で

あっさりしたものを食べたかったので

屋台に入ることが出来ませんでした

もう少し涼しい季節になって

博多に来ることがあったなら

その時はぜひ屋台のメニューを堪能したいと思います

全九州高校水泳大会

火曜日, 7月 16th, 2013

 

梅雨が明けるといきなり夏全開!

全国的に暑い日本列島ですが

九州、福岡にも暑い夏がやってきました

 

第61回全九州高等学校水泳競技大会

福岡の県立総合プール、アクシオン福岡へ行ってきました

 

 

 

               空港近くの立派なプールです

 

全九州大会の季節はいつも暑いのですが

今年は梅雨明けから全国的に猛暑日が多くて

福岡も34度前後の暑い日が続いています

 

会場の中はまさに蒸しぶろ状態

観客席で応援している人たちも

うちわを片手に汗びっしょりです

 

 

  男子選手とかは結構裸でウロウロしていました

  大人も裸になれたらいいのに・・・

  と思うくらい暑かったです

 

 

 今回は外通路の一角にベッドを持ち込んでの

トレーナーとなります

みんな長崎県の代表選手なので

できるだけ多くの選手の力になりたいと

思っているのですが

やはり、まだまだマッサージに来ない選手も多いです

私はこういう大会では長崎選手団全員の

トレーナーでありたいと思っています

選手の皆さん、遠慮せずにどんどん

マッサージに来てくださいね

 

今回は女子選手がひとり

自分からマッサージをお願いしますと来てくれました

高校生くらいの年齢だと、話したことのない人に

自分から話しかけるのは大変勇気のいることだと思います

でも、そうやって勇気を出してくる選手は

とても立派だと思います

ことらとしても精一杯応援したいと思います

 

今年は地元長崎でインターハイです

もっと多くの選手のお手伝いを出来たらと

思っていますので、選手の皆さん

どうぞ、積極的にどんどんマッサージに

来てくださいね

 

 

     今回は宮崎選手団のトレーナーさんと

    ベッドを並べてのマッサージ

    お互い刺激になりました

    次は長崎インターハイで会いましょう

 

 

大会結果は、と言うと

やはり全国の切符はなかなか取らせてはもらえません

男子平泳ぎなどは恐らく全国一の激戦区

結局インターハイは

自力で出場権を勝ち取った5種目7枠と

地元開催県枠の16種目を合わせて

21種目、23枠となりました

 

長崎県では負け知らずのような選手でも

ギリギリで決勝進出を逃しています

インターハイに向けてさらにもうひと踏ん張り

選手の皆さんは最後の頑張りを発揮してください

 

ps 

今回の大会を通じて改めて感じたことですが

我々トレーナーは体力が本当に必要だと思います

今回も長距離運転をして現地入りし

マッサージベッドを抱えて数百メートルも歩いたり

サウナのような暑さの中選手たちをマッサージする

体力勝負です

私も日頃から水泳、ジムでの筋トレを行っていますが

今の体力がなくてはやっていけません

これからもさらに自分を厳しく鍛えていかなければ

いけないと感じています

 

現役選手でないですが、現役並みの体力を!