Archive for 11月, 2013

暦の上ではディッセンバー

金曜日, 11月 8th, 2013

みなさん、こんにちは。

立冬も過ぎ、朝晩の冷え込みもだんだんと厳しくなってまいりましたが

風邪などひいて体調など崩していませんか?

原付通勤の私にとっては苦痛の季節の到来です。

 

毎月発行しております、みやび通信vol.25ができましたのでまたまた載せておきます。

今回は寒い冬を乗り越えるレシピの紹介となっております。

 

みやび通信は毎月、みやびスタッフが独断と偏見でその月に合った内容の健康だよりとして作っておりますが、もしもこんな内容がいいな♪とか、あれについて調べて書いてほしいな♪

など、ご要望にもお応えしていきたいとおもいますので、どしどし院内のスタッフにお申し付けください。

 

わたくしごとながら、今日がうちの祖母の誕生日です。

76歳ということだったので、紫の何かをプレゼントしようと思っている釜我がお送りいたしました。

 

 みやび通信VOL25

 

糖質制限食

木曜日, 11月 7th, 2013

 

立冬を迎えて

いよいよ寒さが本格的になりそうな季節です

 

実は私、先日とあるセミナーに参加いたしまして

その時のドクターの話に非常に興味がわき

現在、糖質制限食なるものをやっています

 

糖質制限食?

なんだか聞きなれない言葉です

これは、要するに食事の糖質を制限する食事のこと

もともとは糖尿病患者さんの食事療法として

考えられたそうです

 

食事の栄養素と言えば

炭水化物・タンパク質・脂質が3大栄養素として知られています

そのうちの炭水化物が糖質になるわけです

米国糖尿病学会によれば、糖質は100 %血糖に変わるが

たんぱく質、脂質は糖質には変わりません

そこで、血糖値を上げる原因である糖質を取らなければ

血糖値を下げることが出来る、と言う事です

非常にシンプルな発想ですが、実はこれが効果テキメン

驚くほどの結果が出ているようです

 

で、なぜ私がこれを始めたかと言うと

私は糖尿病でもないし、高血圧でもありません

が、この食事療法はそのほかにも

様々な症状にも効果があるからです

糖尿病、肥満、高血圧はもちろんの事

生活習慣病と言われるアトピー性皮膚炎、花粉症、メタボ・・・Etc

ここでピ〜ンと引っかかったのが

花粉症です

 

実は私、毎年春になるとひどい花粉症に悩まされておりまして

薬もあまり効かず、気分もすぐれず

食べ物もおいしくなく、夜もマスクなしでは寝られない

何とかならないだろうかと常々思っていたところ

このような食事療法にふれて

ぜひやってみよう決心してみました

 

で、どういう食事かと言うと

これも単純明快!

糖質のもとである炭水化物などを取らなければいいだけです

 

しかし、現代の人間の食事習慣は

炭水化物を主食としています

米、パン、麺類、イモ類・・・すべて炭水化物です

これを食べずに何を食べるの?

 

はい! おかずだけ食べればいいのです

私はもともとお米にはあまり執着がなく

毎日朝食でお茶わん1杯だけしかとっていませんでした

無ければ無いでいいので

お米の代わりに豆腐を食べています

その他のおかずも以前とあまり変わりません

(しかし、女房が結構気を使ってくれています、感謝!!)

 

あと、アルコールはビールや日本酒など醸造酒はダメで

焼酎、ウィスキーなど蒸留酒は大丈夫です

ちなみに私は大のビール党なのですが

最近は糖質ゼロのビールが出ましたので

これで助かりました 毎日飲んでいます

 

カロリーなどはあまり意識せずに

肉や魚、野菜などはたくさん食べていいので

あまり苦痛にも感じていません

 

ただ、お菓子、炭酸飲料などもダメなので

このへんがちょっと厳しいですが

あまり厳しくすると長続きしないので

基本、毎日の食事だけ糖質制限して

外食の時は麺類も食べ、祝いの時はケーキも食べます

うどんが一番の好物なので

たまには絶対食べます

 

あと、この食事療法のありがたい副産物と言いますか

ビックリするくらい体重減するらしいです

ダイエットの分野でも注目されているようですが

リバウンドも激しいようなので

ダイエットだけの目的はどうでしょうね

 

わたしも現在の体型で十分なので

あまり体重を落とそうとも考えていません

見えないところで、内臓脂肪が落ちてくれたらいいですね

 

さて、これで来年の春が待ち遠しいとまでは言いませんが

何とか症状の軽減くらいは期待したいと思います

 

もしうまくいったら、この習慣も

継続していけたらいいですね

 

今は糖質制限食に関する書物を

読み漁っています

 

こんど私にあった時には

いろいろ聞いてみてください

いいアドバイスが出来るかもですよ(笑)