Archive for 7月, 2015

水泳県中総体

火曜日, 7月 28th, 2015

 

7月25日(土)、26日(日)

長崎市民プールにおいて

長崎県中総体水泳競技が行われました

 

DSC00617

 

DSC00618

 

今大会は、台風12号の接近で

大会運営にも若干の影響が出ました

 

DSC00615

2日目の朝、整骨院も台風に備えて

シャッターを閉めています

 

 

DSC00621

プールから見た南の空

何となく台風接近の予感も・・・

 

 

DSC00616

役員会議も開かれて

台風の影響による競技進行の打ち合わせが

何度か行われたようです

 

 

DSC00622

DSC00623

朝からウォーミングアップで

飛び込みの練習をする選手たち

 

DSC00624

ウォーミングアップの終了間近になると

嵐の曲とともに電光表示板に案内がでます

 

2日目は予選、決勝と

予定通り行われたのですが

進行スピードが随分と速かったようです

入賞した選手の表彰式も省かれて

選手は少し残念でしたね

 

タイム決勝にならなかっただけでも

良かったです

 

大会を振り返ると

全国中学大会の切符を手に入れた選手は

男女ともに1名のみ

最近はなかなか全国の標準記録突破が

見られない感じです

 

DSC00625

選手たちは一生懸命に泳いでいるんですけどね

 

今年は九州中学大会が

地元長崎で行われます

その大会で、ぜひ頑張って

標準記録突破を目指してください

 

選手にとっては

全九州大会が長崎というのは

ちょっと残念なところですが

地元の利を生かして

頑張ってくださいね

 

 

DSC00626

うちに帰ると窓の外は

何だか台風の予感です

 

 

 

体操競技国体九州ブロック大会

水曜日, 7月 22nd, 2015

 

7月19日(日)、20日(月)の2日間

大分の県立総合体育館において

体操競技の国体九州ブロック大会が行われました

 

DSC00590

 

DSC00597

 

DSC00593

          大分県立総合体育館

          初めてやってきました

 

 

この大会は、秋に行われる本国体の九州地区予選会で

少年男子、少年女子は4チーム

成年男子は2チーム、成年女子は1チーム

国体切符を手にできます

 

長崎は1か月前に北九州で行われた

高校総体九州大会とほぼ同じ

創成館チームで挑む少年男子

他県は、高総体のチームに

選抜された個人をプラスしてパワーアップしてきます

 

高総体九州大会3位の創成館としては

気の抜けない大会となります

同4位だった鹿児島が

選抜チームになると確実に戦力を上げてきます

 

DSC00595

          直前の練習

          選手の緊張感が伝わってきます

 

DSC00598

          そしていよいよ本番

          長崎代表のユニフォームに身を包み

          監督からも檄が飛びます 

 

DSC00599

              まずは床からの演技

              全員で整列して挨拶

 

スタートの床から

あまり得点が伸びません

団体で佐賀、鹿児島に6点も差をつけられました

 

続くあん馬で失敗が続き、つり輪もなかなか得点が伸びず

厳しい戦いになってきました

 

後半に入り、何とかチームも息を吹き返していきました

 

DSC00602

今大会、初の県代表入りを果たしたO野原選手

自分の得意な種目では

しっかりとチームに貢献

跳馬では種目別3位の高得点をマークしました

これでチームの雰囲気も変わったか?

 

DSC00605

          そして迎えた鉄棒演技

          最終演技というのもあり

          みな気合が入っています

 

DSC00607

          エースのU野選手

 

 

最終成績は総合3位 !

4位との差はわずか0.1

何とか和歌山国体の切符は

自力で手に入れました

 

DSC00611

        演技が終わって

        応援席に挨拶に来る選手達

 

 

これから8月のインターハイ、9月の国体と

まだまだ続けざまに大会を迎えていきます

今年は国体が9月にあるので

スケジュールがつまってきて

コンディショニングが大変です

 

2年生エースのY田選手も負傷から復帰して

ベストのチーム状態で挑めるように

頑張ってください

 

DSC00614

挨拶も終わってリラックスする選手達

リクエストにこたえてガッツポーズも出ました

みな一様にほっとした表情です

 

 

 

DSC00610

こちらは演技直前の少年女子チーム

監督からの指示に真剣に聞き入っています

少年女子も4位に入り

和歌山国体のキップを手にしました

これで長崎少年男女アベック出場となります

 

DSC00609

  応援席に掲げられた長崎県応援旗

  がんば君とらんばちゃんも

  懐かしいですね

 

 

 

おまけ

 

DSC00592

  大分府内城のお堀で

  カメにエサをやるおじさん

  カメは石垣を這い上がるがごとく

  おじさんに迫っていってます

 

 

第35回 九州ブロック大会 ボート競技

水曜日, 7月 22nd, 2015

 

和歌山国体の出場権をかけた

第35回九州ブロック大会が

熊本、菊池市斑蛇口湖で

行われました

 

みやび整骨院昭和町

“魔女の手”を持つ?!上島清美が

長崎県ボートチームの帯同トレーナーとして

行ってきました

 

P1010797

まるでボート競技のために

造られたかのようなダム湖

緑がとてもきれい

 

 

P1010779

ボートレースには事前艇計量があります

選手、監督、コーチと共に調整

艇は長崎からは何隻か運んで持ってきます

もちろん、オールはどこに行くにも持参

 

 

P1010808

会場でのマッサージ

選手の皆さん

モチベーションが高いです!!

 

 

P1010791

旅館に帰ってテーブル並べて

マッサージベッド完成! 

少し高さがあるだけで

ちょっと楽!(^^)!

 

 

P1010813

初日、予選全種目

一次通過の快挙!!

迎えた決勝最終日

とても蒸し暑く

雨が降ってはやみ、降ってはやみと

不安定な天候にも関わらず

  

P1010810

雨が降ろうと、風が吹こうと

惑わされず、必死でゴールへ

向かう姿は感動です

勇気と元気をもらいます

 

 

P1010832

ボート11種目中7種目

本大会への出場権を得ました

九州2位 !!

お疲れ様でした

 

 

P1010833

9月27日~和歌山国体

がんばれ、長崎!!

めざせ 東京オリンピック

あと、5年後(*^_^*)

 

P1010794

ボート トレーナー 柔道整復師

上島 清美

水泳県選手権大会

月曜日, 7月 6th, 2015

 

7月4日(土)、5日(日)

長崎市民プールにて

長崎県選手権水泳競技大会が行われました

 

DSC00580

 

 

この大会は県の国体予選を兼ねており

長崎出身の大学生も数名

国体を目指して出場してきていました

 

長崎から中央の大学へ進学して

水泳を頑張っている選手は

みな高校時代からそれなりの実績を残している

長崎トップスイマーです

 

彼らは中央でもまれながら力をつけての

凱旋帰国です

 

DSC00582

             背泳ぎの決勝

           トップを泳いでいるのは

           イン ターハイ2位の実績を持つ大学生

            スタートから浮き上がってすぐに

            もうこの差は凄い!

 

DSC00586

             平泳ぎ決勝

             このレースは地元の高校生たちの

              争いとなりました

 

 

大会を振り返ると

やはり地元から自力で

国体標準記録を突破して

国体キップをゲットできる選手は

わずかしかいませんでした

 

同じ種目で数名が標準記録を突破して

記録が出ても順位で国体出場ならず

というレースはしばらく見ていません

 

しかし、ちびっこスイマーは

いつも元気に力いっぱい泳いでいます

このちびっこの中から

長崎を引っ張るスイマーが

いずれ生まれることを期待したいですね

 

 

 

おまけ

 

感動でした

 

最近の大会では

決勝進出選手はスタートに向かう時に

映像が電光表示板に映し出されます

 

多くの選手はカメラに向かって一礼ですが

中には様々なポーズをとる選手も見られます

 

平泳ぎ決勝の入場の時に

それは見られました

 

いつもおちゃらけポーズで

会場に笑いを届ける

IS業高校のYT朗選手

今回は違いました

 

手作りのプラカードを広げて

カメラに向かって一礼

そこには花に囲まれた文字で

 

“ お母さん ありがとう ”

 

と書かれていました

 

Y口選手は高校に入ったころから

高校の平泳ぎでトップグループを泳ぎ

大会を盛り上げてくれるキャラクターでもありました

 

彼のお母さんは

いつも一緒に子供たちを応援する

父兄仲間みたいな感じで

わたしも親しくお話などせてもらってました

 

どの会場で試合があっても

朝早くから駆けつけて

応援席をしっかり確保して

自分の子供以外にも

多くの選手を応援しています

 

高3のY口選手にとって

長崎で泳ぐ最後かもしれない試合で

(多分もう少し大会に出るでしょうが)

これまでのお母さんへの感謝の気持ちを

あのようなかたちで表現しました

 

Y口選手を知る多くのお母さんたちが

目に涙を浮かべて

あのシーンを見つめていました

 

私もさすがにびっくりし感動しました

 

あのくらいの年ごろは

親には反抗するし

思っていても感謝の思いをなかなか表現出来ません

それを、皆が見ているなか

会場に向かってあのパフォーマンス

 

やってくれましたね

 

会場に感動を届けた、という意味で

最優秀選手賞をあげてもいいほどでした

 

再来週は熊本で九州高校大会です

高校生としては最後の公式戦

最高の力を見せつけてください

 

残念ながら私は

体操の九州国体と日程が重なり

大分へ遠征に行かなければなりません

九州高校の水泳大会は

大分の地から応援します

選手の皆さん、頑張ってくださいね

 

 

DSC00588

大会終了後、無理を言って

Y口選手にプラカードを掲げてもらいました

もちろん本人から

顔出しOKもらいました

いい笑顔です