Archive for 9月, 2016

秋の交通安全運動

月曜日, 9月 26th, 2016

 

9/21~9/30

 

この時期は

町のあちこちで

警察官、白バイ、パトカーを

見る事が多くなります

 

警察を見る事で

ついついアクセルを緩める

黄色でブレーキを踏むなど

事故防止につながる動きを

とっています

 

おかげで事故に遭う確率も

低いようです

 

でも、完ぺきではありません

実はついさっきも

みやび整骨院昭和町の目の前で

事故がありました

 

大した衝撃ではなかったようですが

高齢者のバイクが絡んでいたので

ちょっと心配です

 

私もバイクに乗るのですが

バイクの場合

いくら相手が悪くても

痛い目に合うのは自分です

だから、防衛運転といって

自分の身を守るために

車の時よりも多くの注意を払いながら

運転しなければなりません

 

ちなみに、人が一生のうちに

交通事故に遭う可能性は53%

この一年のうちに事故に遭う可能性は

なんと0.9%らしいです

 

思ったよりも確率高いです

 

もし事故に遭っても

ほとんどの人が初めてで

何をすればいいかわからないです

 

このみやび整骨院のホームページの

トップページに

 

“交通事故の治療は”

 

の案内があります

 

そのなかに

“もし交通事故に遭ったら”

 

がありますので

皆さんぜひ一度目を通してください

 

覚える必要はないですが

いざというときにスマホでチェックできれば

大丈夫だと思います

 

くれぐれも事故に遭わないように

注意していきましょうね

 

今回の黒板はこんな感じです

 

p1020136

 

p1020137

 

国体期間の営業ご案内

火曜日, 9月 20th, 2016

 

2016年、今年の国体は岩手県

 

“希望郷いわて大会”

 

スローガン

広げよう 感動。 伝えよう 感謝。

 

今年もみやび整骨院から

体操競技とボート競技で

トレーナーとして国体帯同することに

なりました

 

 院長、村田 (体操競技)

  9月28日 ~ 10月6

 

 副院長 上島 (ボート競技)

  10月2日 ~ 10月10

 

この期間は、みやび整骨院昭和町で

留守を預かる残りのスタッフのみの

対応とさせていただきます

特に、10月3日~6日は

村田、上島2名が同時不在となります

 

原、山下2名の先生のみの対応となります

 

営業は通常通り行います

 

なお、みやび整骨院大浜、みやび鍼灸院は

この期間は通常通りの営業となります

 

大変ご迷惑をおかけしますが

どうぞ、よろしくお願いします

 

 

秋の彼岸

土曜日, 9月 17th, 2016

 

2016年の彼岸は

  • 9月19日(月)・・彼岸入り
  • 9月22日(木)・・彼岸中日(秋分の日)
  • 9月25日(日)・・彼岸明け

 

お彼岸の期間の7日間は

中日がご先祖さまに感謝する日

その前後6日間は、人が生きていく上で

良いことと悪いことをきちんと判断し

正しい行いができるようになるための6つの行い

1.分け与える、2.規律を守る、3.怒りをすてる、

4.努力する、5.心を安定させる、6.智慧をあらわす

を1日に1つずつ行う大切な期間です

 

「ぼたもち」と「おはぎ」は

それぞれ「牡丹餅(ぼたもち)」

「お萩(はぎ)」と漢字で書きます。

これは、春のお彼岸の頃には

「牡丹(ぼたん)」の花が咲き

秋のお彼岸の頃には「萩(はぎ)」の花が

咲くことに由来しています

また「牡丹(ぼたん)」の花は大きな花ですから

「牡丹餅(ぼたもち)」は大きめに

「萩(はぎ)」は小さな花なので

「お萩(はぎ)」は小ぶりに

作られるようになりました。

 

つまり、「ぼたもち」と「おはぎ」は

基本的には同じ食べ物ですが

食べる季節が違うため

呼びわけるようになったのです。

 

 

今回の黒板はこんな感じです

 

p1020135

 

p1020134

中秋の名月

木曜日, 9月 8th, 2016

 

“お月さま、何食ってんのかな~?”

 

“お月さまもきっと、ラーメンよ!”

 

昔、こんなCMがありましたね

 

私が子供のころは

月にはウサギがいると聞いていたので

ウサギがラーメン食べる???

って感じでした

 

「月にはウサギがいる」

 

今でも子供たちに語られる

話ですが

そのストーリーとは??

 

ちょっと調べてみました

 

 

 

昔むかしのインドの話・・・

 

仲良く暮らす

うさぎとキツネと猿が居ました。

 

3匹は、いつも

 

「自分達が獣の姿なのはなぜだろう?」

「前世で何か悪いことを

したからではないだろうか?」

「それならば、せめて今から

人の役に立つことをしよう!」

 

ということを話し合っていました。

 

この話を聞いていた帝釈天は、

何か良いことをさせてあげようと思い

老人に姿を変えて3匹の前に現れます。

 

何も知らない3匹は

目の前の疲れ果てた老人が

 

「おなかがすいて動けない。

何か食べ物を恵んでほしい。」

 

と、話すと、やっと人の役に

立つことができる!と喜んで

老人のために食べ物を集めに行きました。

 

猿は木に登って木の実や果物を

キツネは魚を採ってきました。

 

ところが、うさぎだけは一生懸命頑張っても

何も持ってくることができません。

 

うさぎは、

もう一度探しに行ってくるから

火を焚いて待っていて欲しい。

と、キツネと猿に話して出かけていきました。

 

暫くすると、

うさぎは手ぶらで戻ってきました。

 

そんなうさぎを、キツネと猿は

嘘つきだと攻め立てます。

 

するとうさぎは、

 

「私には、食べ物を採る力がありません。

どうぞ私を食べてください。」

 

と言って火の中に飛び込み

自分の身を老人に捧げました。

 

これを見た老人は、

すぐに帝釈天の姿に戻り

 

「お前達の優しい気持ちは、

良く解った。

今度生まれ変わる時には、

きっと人間にしよう。

それにしても、うさぎには

可愛そうなことをした。

月の中に、うさぎの姿を

永遠に残してやろう。」

 

とおっしゃいました。

 

こうして、月にはうさぎの姿が

残ることになりました。

 

 

 

なんだかあと味の悪いストーリーです

子供たちに話して聞かせにくい感じです

 

世の中、いい話ばかりではないって

ことですね

 

 

今回の黒板はこんな感じです

 

p1020133

 

p1020132

台風12号

金曜日, 9月 2nd, 2016

こんにちは!大浜院です!

朝夕は涼しく、過ごしやすくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

東北・北海道は相次いで台風による被害にあわれています。

そして、今年初めて九州にも台風がやってきます。

被災地の一日も早い復興と皆様の安全を心よりお祈り申し上げます。

 

今回のみやび通信では脱水症状を生じた時の対処法として話題の

「経口補水液」の飲み方についてのご紹介です。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

みやび通信vol.58