自賠責保険の豆知識

自賠責保険とは?

「強制保険」とも呼ばれ、自動車・バイク(二輪自動車・原付)を運転する際、法律によって全ての自動車が必ず加入しなければならない保険です。

万が一、加害者側が任意保険に加入していなかったり、損害賠償能力が無かった場合でも被害者は決まった額を受け取れます。

つまり、交通事故被害者を守るため、泣き寝入りしないために国が最低限の補償をしてくれる制度です。

補償範囲

自動車やバイクで走行中に他人にケガを負わせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故を補償してくれます。

人のケガの補償が目的ですので、車のキズや建物の破損などの「物損」は補償の対象にはなりませんのでご注意ください。

補償の限度額

被害者1名に対して治療費・休業補償・慰謝料・交通費などを含めた総額120万円が補償されます。

慰謝料はどのように決まる?

そもそも慰謝料とは、交通事故の被害者になることで受けた精神的な苦痛を損害ととらえ、その損害を金銭によって賠償することをいいます。

つまり、ケガの治療にかかる通院日数や治療期間が、自賠責保険の慰謝料の額を決めているというわけですですから、つらい症状を我慢してご自宅で安静にしていても、慰謝料は計算されません。

自賠責保険の慰謝料の計算方法

自賠責保険の慰謝料は、1日あたり4,200円と定められています。

基準となるのは先に述べたとおり、通院日数と治療期間です。

通院日数とは、「実際治療のために病院や整骨院・接骨院に通院した日数」を指します。

治療期間とは、「治療開始日から治療終了日(入院期間+通院期間)までの日数」を指します。

①通院日数×2と、②治療期間。この①②を比較して、少ない方が基準日数として適用され、これに4,200円をかけた額が自賠責保険の慰謝料となります。

みやび整骨院ではややこしい保険の内容も分かりやすく丁寧にご説明いたします。

痛みでお悩みの方は、こちらへお電話ください! みやび整骨院 大浜・鍼灸院 みやび整骨院 昭和町院