もし交通事故に遭ったら・・・

交通事故に遭った時に、何をすべきか?

1警察へ連絡
まずは警察へ連絡しなければなりません。(いわゆる110番通報です)
また、ケガの度合いによっては、119番通報(救急車)も必要です。
2相手方の確認
  • 免許証を確認(できれば携帯で撮影させてもらう)
  • 連絡先(電話番号、携帯番号 名刺を持っていたら頂いておきましょう)
  • 相手車輌のナンバー(携帯で撮影)
  • 相手車輌のキズの具合(携帯で撮影)
3現場の確認
  • 事故現場、スリップ痕、散乱物など(携帯で撮影)
  • 自分の車両のキズの具合(携帯で撮影)
  • 目撃者がいる場合は、氏名、連絡先を確認して、協力をお願いしておきましょう

※その場での示談、念書等は絶対にしないでください。

4保険会社へ連絡
  • 自分の保険会社へ連絡
  • 相手の保険会社へも連絡してもらう
5病院、整骨院を受診
交通事故では、事故直後に痛みを感じなくても後から痛みが出ることが多いです。
その時は何ともなくても医療機関でしっかりと検査を受けましょう。
痛みが出たら治療を受けますが、診断書が必要になりますので書いてもらいます。
6診断書を警察署へ届ける
7相手方の保険会社へ連絡
相手方の保険会社へ連絡し、みやび整骨院で治療を受けると伝えてください。
8みやび整骨院へ来院の際は、診断書のコピーをご持参ください
一人一人の症状に応じた治療計画を立て、治療を開始します。
痛みでお悩みの方は、こちらへお電話ください! みやび整骨院 大浜・鍼灸院 みやび整骨院 昭和町院